竹岡英文法ULTIMATEの難易度はMARCHレベル!使い方と音声ダウンロード方法

数多くの名書を世に出してきた竹岡先生ですが、この英文法アルティメットも素晴らしい参考書です。

ネクステやヴィンテージ、スクランブルといった有名な英文法の問題集よりも、Amazonでの評価は高い状況です。

ここでは「なぜ英文法アルティメットの評価がこんなに高いのか」と、「参考書のレベル」「偏差値を伸ばす使い方」について、詳しく解説していきます!

英語の偏差値40前半でも、早稲田大学に合格した裏ワザはこちら

 

竹岡の英文法アルティメットの評判が良い理由

英文法Ultimateの評価が抜群に高い理由としては、主に4つの要因があります。

1つずつ詳しく解説していきます!

①英文法をランダム形式に演習できる

ネクステやVintageといった有名な問題集は、「仮定法」「時制」など分野ごとに章がわかれているものが多いです。

しかし竹岡アルティメットは全ての分野の問題を、ランダム形式で解ける構成になっています。

入試本番でも当然ながら、どの分野の問題かは記載されていないため、より実践に近い形で演習できるんです。

英語の偏差値40前半でも、早稲田大学に合格した裏ワザはこちら

 

②解説がとても詳しい

英文法の問題集は問題数が多い一方、解説はあっさりしているケースが多いです。

しかし竹岡アルティメットはやや問題数が少ない分だけ、解説がとても詳しいです。

英文法の問題を解いた際に、解説が雑でストレスが溜まってしまう方には、とてもおすすめの問題集といえるでしょう。

 

③20問1セットと小分けになっている

竹岡アルティメットは20問1セットになっており、小分けにして問題演習ができます。

ネクステなどは章ごとに問題数が異なり、ものすごく多い問題が収録されている章もあります。

スケジュールが少し立てづらいですし、問題数が多すぎると雑になってしまうこともあるでしょう。

20問1セットであればメリハリをつけて演習ができ、復習にも力が入るでしょう。

英語の偏差値40前半でも、早稲田大学に合格した裏ワザはこちら

 

④無料で音声がダウンロードできる

竹岡の英文法アルティメットでは問題文、そして正解の英文を読み上げた音声を無料でダウンロードできます。

近年は英検やTEAPなど4技能試験が重視されていますし、共通テストでもリスニングの配点がとても高いです。

音声を活用するとスピーキングやリスニングにも効果があるため、無料でダウンロードできるのはとても嬉しいですね。(アプリは用意されていません)

英語の偏差値40前半でも、早稲田大学に合格した裏ワザはこちら

竹岡の英文法アルティメットの難易度

竹岡の英文法アルティメットがどれくらいの難易度なのか、詳しく解説していきます!

竹岡の英文法アルティメットの到達レベル

竹岡の英文法アルティメットを1冊やり切れば、MARCHや関関同立レベルの英文法は問題なしといえるくらいの力がつきます。

日東駒専レベルであれば、9割以上も狙えるでしょう。

一方で早慶レベルとなりますと、やや足りない部分も出てきます。

早稲田や慶應を目指す方でも、竹岡の英文法アルティメットで合格される方ももちろんいらっしゃいますが、完ぺきではないという事です。

英文法ファイナル問題集難関編は、同じくランダム形式でさらに難易度が高いため、次に取り組む問題集としてぴったりです。

英語の偏差値40前半でも、早稲田大学に合格した裏ワザはこちら

 

ネクステやVintage、スクランブルとのレベルの比較

レベルでいえばややNextStageよりも難しく、Vintageやスクランブルより少しだけ易しいくらいでしょうか。

ネクステやVintageなどは分野ごとにしっかりと英文法を固められるため、抜け漏れ無く力を伸ばせます。

そのためネクステなどを1冊固めてから、竹岡の英文法アルティメットでランダム形式で演習すると、英文法の力が大きく伸びていきます。

竹岡の英文法アルティメットの使い方、勉強法

どのように竹岡Ultimate英文法に取り組めば、偏差値が伸びていくのかをお伝えします。

①竹岡先生の動画音声を聴く

竹岡先生がアルティメット英文法をどのように使うべきか、動画講義で詳しく解説しています。

まずはこちらの動画を視聴して、竹岡先生の思いや使い方について学びましょう。

学研の公式サイトから無料でダウンロードが可能です。

英語の偏差値40前半でも、早稲田大学に合格した裏ワザはこちら

 

②1セットずつ時間を測って解く

実践的な演習をする問題集であるため、1セットずつ時間を測って解いていきましょう。

1セット当たり14分ほどを目安に解いていくと、スピーディに問題を解く力が磨かれます。

長文は普段から時間を意識すると思いますが、英文法は意外と意識してないですよね。

しかし入試本番は文法もスピーディに解かなければいけないため、日ごろから意識しましょう。

③1セットごとに徹底的に復習

1セットが終わったら解説を読み、徹底的に復習しましょう。

穴が開いている分野があれば参考書で補強するなど、根本的な弱点を解決してください。

そして英文の音声も活用して、音読に取り組めばスピーキングやリスニングにも効果的です。

ミスをしてしまった問題は後で復習できるように、付箋を貼っておくなど工夫をしましょう。

1セットが完璧になったら、次のセットへと進んでください。

最終的にすべての問題をミスなく解けるようになったら、竹岡Ultimateは完ぺきです!

英語の偏差値40前半でも、早稲田大学に合格した裏ワザはこちら

竹岡ULTIMATEのレベルと評価・評判まとめ

竹岡アルティメットは英文法をランダム形式で解ける問題集で、レベルはMARCHほど。

1セット20問でサクサク解けますし、音声もついていて、解説もとても詳しいため評価が高いです。

1セットずつ完ぺきに固めて、最終的にすべての問題をミスなく解けるまでやり込みましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました