基礎英文問題精講のレベルが超難しい。難易度と使い方【完全版】

基礎英文問題精講の簡単な紹介

レベルと使い方の部分を詳しく解説させていただきますが、その前に簡単に参考書の紹介です!

基礎英文問題精講は文章量が少ない英語長文を読んで、読解力を伸ばしていく参考書。

結構前に出版された参考書なので、改定はされているとはいえ、現代の参考書とはちょっとイメージが違います。

現代の参考書ってカラフルでイラストも豊富で、楽しく勉強できるものが多いですよね!

基礎英文問題精講は堅い感じで、「苦しみながら学んでいく」という印象で好き嫌いがわかれるので、中身を見てから買った方が良いです!!笑

 

中身は「構文編」「文脈編」「応用問題編」の3つに分かれています。

この3つのパートをまずは解説して、それから「参考書のレベル」「偏差値を伸ばす使い方」と進んでいきます!

早慶や東大などの英語長文をスラスラ読むワザはこちら

 

構文編とは?

例えば「too to構文」「so that構文」「it that構文」といった頻出の構文を、英文の中で正しく訳せるように学んでいきます。

例えば下の例文、パッと訳せるでしょうか!?

I so like your sense of humor that I’m interested to know your background.

ここに入っている構文は、何の構文かわかりますか?

I so like your sense of humor that I’m interested to know your background.

正解は「so that構文」なのですが、これが長文の中で1文まぎれていたとして、そう簡単に訳せないんですよね。

構文を覚えるときに[so that=~するために、~するように」という感じで覚えていく人が多いですが、これを覚えていたとして、まず[so that構文」が英文に含まれていることすら気づけません!

そして構文の訳を単体で覚えていても、英文の中でどう訳すかまで考えていかないと、実践では活きてこないんです・・・。

基礎英文問題精講の構文編では、こうした構文を文の中で訳せるように、和訳を含めた英文読解のトレーニングに取り組みます。

早慶や東大などの英語長文をスラスラ読むワザはこちら

 

文脈編とは?

文脈編では英語の文章を読む中で、「文脈を正しく理解して、英文を正確に理解する」トレーニングに取り組みます。

例えば「指示語」が出てきたとき、そこまでの流れがしっかりと理解できていないと、「このthisが何を表しているか」が分からず、その先の内容も頭に入ってこないですよね。

基礎英文問題精講の文脈編では、指示語を中心に、和訳に取り組む中で「文脈」を理解できているかを確認していきます。

英文をただ訳すだけでなく、「文の流れまで追っていけるか」は、レベルが上がるにつれてとても大切になっていきます!

 

応用問題編とは?

応用問題編では実践的な問題で、入試の英語長文の問題を解いていくような章。

構文編と文脈編で学んだことを活かして、和訳だけでなく実践的な設問も解いていきます。

ここから難易度も文章量も少し上がって、結構難しくなっていきます・・・!

ここまでの内容をまとめると、基礎英文問題精講は「構文を訳せるようにし、文脈と正しく読み取れるようにし、最終的に実践的な問題に活かせるようにする」参考書です!

早慶や東大などの英語長文をスラスラ読むワザはこちら

 

基礎英文問題精講の改定について

基礎英文問題精講は2訂版、3訂版、4訂版と改定されていますが、中身の大幅な変化はありません。

例えば先輩やご兄弟からもらった3訂版を持っているのに、4訂版買いなおす必要はないですね。

どうしても気になるようでしたら、実際に書店で4訂版の中身を見てみて、ご自身のお持ちのバージョンと見比べてみると良いでしょう。

実際に中身を見たうえで、「新しいバージョンの方が良いかも!」と思ったら、買い替えるのが良いと思います。

 

基礎英文問題精講の難易度

難易度の解説まで長くなってしまいましたが、皆さんが気になる難易度についてお伝えしていきます!

基礎英文問題精講の難易度は「MARCHや中堅国公立大学~早慶や旧帝大の入門レベル」と考えてください。

「え、基礎って言ってるのに難易度高くない!?」と思った人、その通りです笑

大学受験の参考書ってなぜか「基礎」とか「入門」とかタイトルに入っているのに、内容が結構難しいケースって本当に多いんですよね笑

 

河合塾の偏差値で50後半~60くらいまで到達してから取り組まないと、「全然、英文が読めない・・・」となってしまう可能性が高いです。

英文を訳すトレーニングがメインになりますから、収録されている英文がほとんど読めない状態だと、トレーニングのしようがないですね。

1つレベルが易しい「入門英文問題精講」もあり、こちらはもっと難易度が易しいので、基礎英文問題精講が難しい場合はまずはこちらから。

基礎英文問題精講よりも解説がさらに詳しく、初級者向けになっていますので、基礎固めにとてもおすすめです!

早慶や東大などの英語長文をスラスラ読むワザはこちら

 

基礎英文問題精講の到達レベル

皆さん気になるのが、「基礎英文問題精講をやりこんだら、どこの大学まで行けるの!?」という点ではないでしょうか。

基礎英文問題精講をしっかりとやりこんで、過去問演習や長文の演習にまで取り組んだらという前提ですが、早稲田や慶應、東大・京大といった難関大学の長文にも対応できるようになります。

「難しい英文を読むための土台」が固まりますので、そこから長文や過去問へと発展させていくことで、難関大学の長文にも対応できるようになっていきます。

 

1つ上のランクで「英文標準問題精講」も用意されているのですが、こちらはちょっと難易度が高すぎて、大学受験レベルではオーバー枠かなと感じてしまいます。

難しい参考書を追加すればするほど良いというわけではないので、過去問で合格点が取れるようにするために、必要な参考書に取り組んでいきましょう!

 

他の参考書とのレベルの違い

基礎英文問題精講はポレポレと比較すると1ランク易しく、ポレポレの方が難しいです。

英文読解の透視図となるとさらにレベルは上がって、基礎英文問題精講よりも明らかに難易度が上がります。

有名な「英文解釈の技術シリーズ」ですと、「基礎英文解釈の技術100」と同じくらいの難易度。

ビジュアル英文解釈part1よりはやや難易度が高く、part2よりは少し易しいレベルになります。

 

レベルはもちろんですが、それぞれ「参考書の目的」が少し異なるので、「何のために参考書に取り組むのか」「どの能力を伸ばしたいのか」を自分で深く分析したうえで、参考書選びをしてください。

やはり書店に実際に足を運んで、「自分のこの部分を強化したい」という目的をもって参考書を見比べて、必要なものを選んでいくのがベストですね!

「有名だから」「友達が使っているから」という理由だけでなく、自分にとって何が必要かを分析することがとても大切です!

早慶や東大などの英語長文をスラスラ読むワザはこちら

 

基礎英文問題精講を終えたら次は

基礎英文問題精講が終わったら、次は「英語長文ポラリス2」あたりに進んでいくと、とても効果的な演習ができます。

関正生先生が手掛けている、超有名な英語長文の参考書です。

ポラリス2はMARCHより少し難しい難易度になっているので、基礎英文問題精講で学んだことを長文に活かすには最適な難易度。

そして英語長文ポラリス2は、とても解説が詳しく1文1文の構文の解説まで記載されていますから、基礎英文問題精講と同様に精読のトレーニングもできます。

 

基礎英文問題精講の効果的な使い方

皆さんお待ちかね、「基礎英文問題精講で偏差値を伸ばすための使い方」の解説に入ります!

 

①まずは例題を解く

例題を解かないと何も始まりませんから、自力で英文を読んで、和訳など設問に回答していきましょう。

和訳問題も下線部だけでなく、全てしっかりと訳してください。

文脈を理解できていないと、下線部の指示語が訳せなかったり、分からない部分の推測が出来なかったりします。

入試本番でも同じで、下線部和訳は下線の意味が問われているだけでなく、文章全体の理解も問われているという事、忘れてはいけません。

そして訳はしっかりと紙に書き出して、自分の回答を解説と丁寧に見比べられるようにしましょう。

面倒くさがって頭で訳を思い浮かべて、すぐに答えを見てしまう人も多いですが、これでは正確な復習ができません。

 

②解説をじっくり読む

まずは自分が訳した部分がどれくらい合っているか、解答と見比べてください。

それから解説をじっくりと読み、吸収できる部分を吸収していきましょう。

下線部だけでなく、文章全体の解説も理解するようにしてください。

特に「なぜ正しく訳せなかったのか」という部分は大切で、「次回から同じような英文が出てきたときに、初見で訳せるようにするにはどうしたら良いか」まで追求してください!

特定の英文が読めるようになるだけでなく、模試や入試本番で、「初見の英文が読めるようになる」ところまで追求していかないと、実力は伸びていきません。

早慶や東大などの英語長文をスラスラ読むワザはこちら

 

③徹底的に読み込む

英文を理解したら次は、徹底的に読み込んでください。

すぐに次の問題に行ってしまいたくなる気持ちをグッとこらえて、英文の復習に取り組みます。

英文の冒頭から最後まで、スラスラ読めるようになるまで、和訳や解説も参考にしながら丁寧に読んでいきましょう。

最終的につまることなく、構造や流れを理解したうえで読めるようになったら、次の問題へ進んでいきます!

 

「音読は、やった方が良いの!?」というご質問は本当によくいただきますが、基礎英文問題精講においては音読は不要です!!

「え、何で音読しなくていいの!?」と驚くかもしれませんが、基礎英文問題精講には音声やCDがついていません。

基礎英文問題精講の難しい英文を自力で音読するとして、その発音は本当に合っているでしょうか?

自分が正しいと思っているけれど、実は誤った発音で音読を繰り返すと、自分の発音はどんどん悪くなってしまいますし、リスニングも聞き取りにくくなってしまいます。

例えば「英語長文ポラリス」「The Rules英語長文問題集」などは音声がついていますから、こういった参考書を勉強する際に、音読すればOKです。

「音読しなければ成績が伸びない」なんてことはまったくないので、基礎英文問題精講では黙読を徹底的に追及して、英文を読む力を伸ばしていきましょう!!

早慶や東大などの英語長文をスラスラ読むワザはこちら

 

基礎英文問題精講まとめ

かなり長くなってしまいましたが、ここまでお伝えした内容をまとめていきます!

 

・文章量が少ない英語長文を読む形式

・解説がとても詳しい

・MARCH~早慶入門レベル

・まずは自力で例題を訳す

・下線部以外も全て読めるように

・音読は音声が無いので不要

・終わったら次はポラリス2がおすすめ

 

箇条書きで要点をまとめましたので、分からない点があったらまた上からぜひ読み直してください!

早慶や東大などの英語長文をスラスラ読むワザはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました